出来事

軽視はダメ、守りたい自転車のルール

〝おひとりさま〟が好きな私は、同時に、人間観察も好きです。

先日も、とあるビルの2階に入っているカフェの窓際の席に座って、お気に入りの軽食に舌鼓を打ちながら行き交う人々を眺めていました。

すると、小さなお子さんを後部のチャイルドシートに乗せ、携帯電話で通話をしながら片手で自転車に乗っている女性を見かけたのです。

歩道を走行していたのですが、何人もの人とすれ違いながらふらふらと左右に揺れていました。

その様はある意味とても器用ではありましたが、決して感心できるものではありませんでした。

ある程度で姿が見えなくなってしまいましたが、あの先、もし車道に出たならいっそう危険だなと思い、お子さんのことが心配になりました。

もちろん、ご自身の安全の為にも、自転車に乗る時のルールは絶対に守ってほしいなと思いましたし、私自身の戒めとしても今回のことは心に留めておきたいと思います。