出来事

スーパーなどで、販売されている食品の安全性について

スーパーなど、食品を販売するお店で最近、産地を記載した商品が多くなった気がします。食品のジャンルは問わず、肉類、野菜類、食品加工品など、全般に、産地を明記したものが増えてきた気がします。消費者としては、しっかりした産地を記載してもらえると、安心感があり商品を買いやすくなるので、良いのですが、国産のみの記載や、複数の原材料が使用された加工品などには、一部のものにだけしか、産地を記載されていなかったりして、産地の表記について、まだまだ、不十分だと感じる事があります。
東日本大震災での原発事故後、放射能が食に与える影響を心配する人も増えたことも、原因の一つかもしれないと思います。また、食品添加物についても、食品のジャンルを問わずに、無添加や、砂糖不使用や、塩分カットなど、健康を意識した食品が増えてきた気がします。これも良い事ではありますが、もっと安全性や、健康面を意識した食品が増える事を望みます。