出来事

少年法の適用年齢を18歳未満の引き下げをすること

少年法の適用年齢を現在の20歳未満から18歳未満に引き下げることについて法制審議会に諮問したことが発表された。

成年の考え方と同様に何時が本当に正しいのかは決めかねることではあるが、少し前の事件で、少年法の適用年齢のうちに犯罪を起こしたと言う犯罪者もいた。

ひと昔前より見た目も頭も優れ、知識が高くなった現代の子供は、十分成年と変わらない状態であると思われる。

未成熟だからやり直しも可能であるという考えもあるが、犯罪の種類によっては、取り返しのつかない、被害者の心理を考えると少年だからとはいえない犯罪もある。

更生の道を作るのは少年であれ成年であれ必要なので、この少年という枠が必要なのかの議論をもっとしてほしいものだ。