出来事

伝えているのに、なぜか伝わらない。

美容師さんがドライヤーとブラシで丁寧に仕上げてくれる。

「簡単ですよ。」と笑顔で言うけど、簡単にできれば苦労はしない。美容師さんの努力は1日しかもたない。教えてもらった通りにするけど、再現は不可能。プロが念入りに時間をかけて仕上げたものを、素人が朝の忙しい時間に、チャチャっとできるワケがない。

 自分の髪質や量を考えたら、できないスタイルもたくさんある。「こんなのをしたいけど、この髪じゃ無理だから。」なんて言ったら、とても頑張ってくれて理想に近づいたスタイルができたことがある。ただし、翌日にはセットできなくて、ただのボサボサ頭になってしまった。

 もう、できないことは「できない。」と伝えることにした。不器用なのを宣言しているようで恥ずかしかったけど、これで苦労しないで済むと思っていた。しかし、今回も美容師さんが笑顔で「簡単ですよ。」を連呼しながら、ドライヤーとブラシを駆使して仕上げてくれた。